FC2ブログ

Category: 読書  1/2

「Messenger」 と「サバンナのネコ」 写真集のご紹介

自粛の折りには、写真集を見たり、読書に限ります。ご案内頂いていた2冊をご紹介いたしますね。① Messenger 「大久野島のうさぎたち」著者 芳賀祐子さん。デザインは、三村漢氏です。¥2500+税大久野島は瀬戸内海にある小さい島です。うさぎ島とも言われているそうですが、知らなかったで~す。つぶらな瞳の野生のうさぎさん約700羽、国民休暇村で働く人々のみで一般の人は住んでいないそうです。水は船で運ばれ、うさぎは雨水や...

  • 0
  • 0

「融氷の旅」日中秘話 書籍

「融氷の旅」日中秘話浅野勝人 著 元NHK 解説委員元内閣官房副長官半世紀に及ぶ日中融和のこだわり!特ダネあれこれ!先だって、年も明けましたけれど、卓上カレンダーが1部 残してありましたいざ、どなたかに差し上げたいときも有ろうかと---ふと 思い出した方が有りました「北京大学特任講師」の浅野勝人様のことを!2014年10月の初個展「樹々として~」にこっこさんがご案内して見に来ていただいた事がありました。そうだ...

  • 0
  • 0

気軽な読書

「育ちがいい人」だけが しっていること 諏内えみ 著今更ですが、「育ちの良さは」は一生の武器 ← このフレーズには弱い!ほぼ まあそうだろうって思うわけでもいくつかは、なるほど 今後は気を付けようって思った集まってくれたお礼のスモールギフトその方の大切な時間と物入りなことに対して ささやかでもいいからお礼はする方が礼儀なのでしょうまた頂いたお礼は、やはりいつかではなくて、1か月かそのしばらくの間にお...

  • 0
  • 0

乱読、積読の勧め!

① 「ネイチャー写真術」  水口博也著自分が表現したい写真で人を感動させるために主役を魅力的にする色彩と光 ここからストーリーが生まれる写真店からお借りして読んでいたけれど 自分でも持っていたくなったので購入②世界一美しい自然現象図鑑一生に一度は見たい!奇跡の絶景55選オーロラ、ダイヤモンドダスト、月への階段(オーストラリア州北部の町ブルームのみ見られる)--- ③「人間の旬」 大村 智著 80才でノーベル生...

  • 0
  • 0

「読書の秋」& 中秋の名月!

くっきりと見えた 中秋の名月つまり 満月 十五夜です曇りの予報でしたが、スッキリ晴れました詩集 エノラ・ゲイ詩 風(who・ko) 呼 絵 北川 寿紅書 脇坂 敦子1945.8.6 ヒロシマに彼らは何をしてしまったのか?人の内面に鋭く迫る詩集姫はそのころは北京在住だから、終戦、敗戦  知らない---マルチタレント そのもの。 アッパレ!ジャズを歌い、詩も書く まだまだ謎めいた女性短編の方は一気に読んだ。 絵もいいで...

  • 0
  • 0

最近読書!!(1)

「幸福の本音と生き方」中学、高校の同級生が書いた自分史的本「ファーストクラスの生き方」今田美奈子著一時 シュガーで作ったウエディングケーキが流行りました長い事溶けないで持つというので、きっと縁起がいいとされたのでした彼女の鼻につかない!? 素晴らしい生き方に驚きと同時に上昇志向って大事だなと思いましたお家柄と同時に努力の凄さも感じます「部屋を生かせば人生が変わる」かいつまんで言いますと部屋は掃除機...

  • 0
  • 0

晴耕雨読!

台風にあいついで、大雨が日本中あちこちで降りしかも 川の氾濫、土砂崩れ雨はまだまだ 断続的に降り続けている---小雨になり、一瞬の間青空が見えたネット越しに(マンション大規模修繕のため)アーチを描くように、虹が見えたけれど外に出てカメラに収めようか迷ううちにあっという間に薄くなってきた。 「晴耕雨読」 雨で撮影会がキャンセルポッと時間が有る、何故か時間を貰ったような得した気分に~そうだ、部屋の片づけ-...

  • 0
  • 0

“日本の七十二候”

      涼をよぶ 線香花火の 懐かしさ                         「日本の七十二候」 日本には1年を24等分した二十四節気と72等分した七十二候という季節がある。そもそも「気候」という言葉は二十四節気の 「気」 と七十二候の 「候」 から生まれたもの。二十四節気を浮世絵で七十二候をイラストで日本の旧暦が持つ季節感を楽しむ写真のタイトルを考えるのに常に悩み俳句の季語集やニュース...

  • 0
  • 0

“旅のひろば”

HAVE A NICE TRIPハヴァナイストリップ2012 友人が「想い出の旅 コンテスト」 入選!おめでとう!彼女は姫にとっては新しい友人である。音楽家なのにエッセイスト かなと思うほど歯切れの良い文章が書ける人。人生が旅 とよく例えられますが、「それならば、快適に過ごすためにも旅行やキャンプに行く時みたいに、必要最小限の荷物でよい」とネ。環境もシンプルに、「旅行カバンには大切なものだけ詰める」そうありたいわね。...

  • 0
  • 0

“砂の大陸” 相原正明 著

マンションの上から沸き立つ白い雲むくむく秋とは思えない今日も蒸し暑かった 三輪 薫 先生過日9月3日~8日まで第16回“和気あいあい”写真展が銀座 写真弘社 ギャラリー・アートグラフ で開催していました。教室は 田園都市線 青葉台駅に有ります東急セミナーBE青葉台  “三輪薫の素敵な写真の撮り方”  教室ですほぼ月1回火曜日 10時半~12時生徒は現在9名会員募集中です!東急セミナーBE  ☎ 045-983-4153 ...

  • 0
  • 0

    [Capricious1] Designed by Akira.

    Copyright © ジャカランダ姫紀行 All Rights Reserved.