flower border

ジャカランダ姫紀行

~今日も素敵な一日でしたか~

湘南コンサート ♪

「Aria」湘南コンサートの会プッチーニ 最後の大スぺクタルオペラ 「トゥ-ランドット」 ホールオペラ形式で解説付きで聴く。.会員になっているので 年会費で3回の案内が届く。コンサートを選んでチケットを買って聴きに行く事が中々出来にくいので、会員になるととても便利です。トリノオリンピックのフィギュアスケートで荒川静香さんがこの曲で滑って金メダル、有名です!異国の王子カラフは氷のような冷たいトゥーランドッ...

東大吹奏楽部 第46回定期演奏会 ♪

東京大学吹奏楽部 第46回定期演奏会パルテノン多摩大ホール 開演 17:30多摩センター駅を出るとそこは、イルミネーションに光り輝いていました夕暮れ時から更に暗くなって海のトンネルでしょうか~  クリスマス、最近は街で ♪ジングルベルの歌声は聞かなくなりました演奏曲は第1部 ゴッドスピード、 知恵を持つ海、 シェイクスピア・ピクチャーズ第2部 「王様と私」 シンデレラ・メロディー、 ポッ...

駒場祭

第68回 駒場祭テーマ おと かさなる祭りを訪ねるあなたの おと。祭りをつくるわたしのおと。ひとりひとりのおとがかさなる。そんなおとが広がってやがて祭りは音楽になる。11月24日(金)~26日(日)駒場キャンパス東京大学 音楽部管弦楽団特別演奏会The university of Tokyo Orchestra管弦楽団は大正9年東京帝国大学音楽部として発足現在は約120名の団員大学オーケストラの中では最高の水準を誇る---Programブラームス 悲...

「加藤ヒロユキ」コンサート ♪

デザインKホール 「懐かしの映画音楽の世界」 友人からのお誘いで、今回は2回目加藤ヒロユキ さんの大フアンの友人は上京して旧知の友とコンサートに聴きに行きディナーをご一緒して楽しんでいます---港区六本木 全特六本木ビル 1F (泉ガーデン隣り)東京メトロ南北線 六本木1丁目駅2番出口 徒歩約2分郵便局の1階 コンサートサロン映画音楽をソロで唄うのが主でしたが、合間にヴァイオリンの独奏も有り、ピアノの伴奏も...

「ベラルーシ」 No.2 バレーリーナ

ロシアは音楽家やバレーダンスの著名者は多いベラルーシにもご多分に漏れず有名な出身者や今現在に活躍している方も多い 白鳥の湖待山 貴俊 さん頑張ってください!夢を追いかけて、キャッチなさっておられるのは素晴らしい...

東京芸術劇場 ♪ (2)

東京芸術劇場は 池袋コンサートホールは 5F18時開演なので、外は 夕日が真っ赤に燃えてるようです終わって外に出たら もう9時は回っていた夏の夜のコンサート、たまにはいいもんだ!テントが沢山張ってあって、民族衣装のグループがダンスなどしていました~何かの イヴェントかなあ?~ ...

東京ニューシティー管弦楽団 ♪ (1)

東京芸術劇場 コンサートホール池袋TOKYO NEW CITY ORCHESTRA第113回 定期演奏会東京ニューシティー管弦楽団A) メンデルスゾーン 交響曲第3番イ短調作品56「スコットランド」B) 大木正夫 作曲峠三吉 著  (原爆詩集より)カンタータ  「人間をかえせ」  パート1合唱曲東京労音 のチケットを友人のお誘いでゲットして受付で受け取りました。「人間をかえせ」 の合唱に友人ともう一方知り合いが出演です!初めて聴い...

モーニング・コンサート ♪

東京藝術大学 奏楽堂第7回 Morning Concert藝大フィルハーモニア管弦楽団住谷 美帆 サクソフォン   グレグソン:サクソフォン協奏曲中村 友希乃 ヴァイオリン  ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77芦山倶楽部、同級生のお孫ちゃまピンクのドレスが とってもよく似合う未来のプロ演奏家!素晴しい演奏でした!震災後、福島県から上野へ!             何故かホッとする~昨夏 NYに行った時...

東京労音♪

東京ニューシティ―管弦楽団東京芸術劇場 コンサートホール7月21日(金)東京労音メンデルスゾーン交響曲第3番イ短調作品56 「スコットランド」 カンタータ「人間をかえせ」パート1お誘いを受けたので、聴きに行こうかと思案中何故なら---池袋、遠いなあ~一人で、夜から~でも 写真で知り合った若いお嬢様!が歌うそうだ応援しがてら、夏の宵を愉しもうか!札幌マラソンに出場したとか、キャラメルをお土産に送ってくれた ...

湘南コンサートの会 ♪

会員になっているので1年3回 6月、10月、2月 コンサート会のご案内が届く今回6月は、珍しいチェロの演奏 「チェロの魅力を堪能する6月」 シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ短調 op.114ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスシューベルトが若さ溢れる22才の時の作品第4楽章 アンダンティーノ・アレグレット 歌曲「鱒」(ます)の旋律による変奏曲なので、 「鱒」  という副題がついた馴染みの曲だし...