FC2ブログ

ジャカランダ姫紀行

Category: ★記念日/祝日など★  1/14

到来もの(1)

千枚漬け京都市中京区麩屋町通り錦小路江戸時代の終わりごろ、京都御所で料理方を勤めていた初代大黒屋藤三郎が旬のカブラを使った漬物を思い立って工夫を凝らして千枚漬けを作ったそうです。白い蕪と緑の壬生菜(みぶな)は御所の白砂と吉祥の松に見立てた。慶応元年から暖簾分けで「大藤」として販売開始。冬と言えばカブラ、千枚漬けです。今では知らない人はいないほど、千枚漬けの名前は知れ渡っていますね。冬の京野菜・聖護...

  • 0
  • 0

Happy New Year !!

Happy New Year !!2021.1.1令和 3年1月1日青空のもと 空気も澄んで、白い雲はくっきりあ~明けましておめでとうございます。こんまい鼠年から 一挙にでっかい 丑年モーモー泣く 外国では Moo-Moo-ムームーもっとなく場合は Mooooo だって---変なの2018年5月 青森の弘前公園に撮影に初めて行ってきましたこの場所は 桜の木々が交差しててハートに見えることで有名!知らなかったけれど、続々若い人たちが集まってき...

  • 0
  • 0

何となくディナー!

昨年は盛大なクリスマスパーティーを「ハナミズキ亭」で開催しましたね~広いダイニングテーブルにはすかいに座る焼きガニ 北海道からお取り寄せプルコギおでん茄子の瑠璃煮サーモンと蕪のマリネブロッコリー、ポテト、卵、海老のサラダキノコの炊き込みご飯 杏仁豆腐 ケーキ 珈琲残れば翌日も美味しい おでん手作りする感覚は大事で、好きですね早くみんなで集まって会食したいですね。腕が鳴るなる---★ 写真はクリックする...

  • 0
  • 0

令和3年用グッズ調達

変動の令和2年も あと10日ほどでくれようとしています。毎年決まって年末に購入するものは、家計簿手帳水星人の占いの本シールは おめでとう、ありがとう 宜しく などなど家計簿は 最近」は毎年今年こそはやめようと思うそれなのに 心が決めかねて書店に足が向いている売れ筋 No1 No2 ---若いころは、毎日料理のレシピが載っていることが必須。今では、日付も書いてあるし字も大きいのがいいメモが日記調的で書けるほうが...

  • 0
  • 0

BDプレゼント!

BDプレゼントいくつになったんだろうか?もう増やさなくていいよね~こんなお洒落なソックスをはくんだから.。ただね 足首がゴム無しがいいとか、ゆるゆるがいいとかそういうのが欲しい人がいるんだって初めて知った。これって 年齢がシニアだからかなあ~?!うふふシドニーからは、あったかいパジャマセットが届いた。これって ルームウエアーになるよね。外にこそ着ないけれど偶然、身に着けるもの、実用的なものをプレゼン...

  • 0
  • 0

ダディのBirthday !!

ダディの誕生日!!おめでとうさん!ナント ♪ベートーヴェン♪ の誕生日と同じらしい12月16日だからか 音楽が趣味ですと言ってもベートーヴェンの楽曲が好きと言う訳でもないらしいこよなく愛するのはヨハン・シュトラウスそして チャイコさん!チャイコフスキー!! コロナ みんな集まっての会食は出来ないのが残念ですそれでも ラインやメール、電話、シドニーからはスカイプファミリーのきずなはこんな時でさえも揺るがな...

  • 0
  • 0

「ほり川」 天婦羅

ホテル ニューオオタニ天婦羅の「ほ り 川」結婚56周年記念!に少しだけ奮発してホテルでランチを致しました満足度の高いランチコース天婦羅は家でもよく作る方ですが活 車海老となるとそうそう買えませ~ん!小付けでそのお店の勝負が出ますよね生湯葉はとても美味しい。キスや野菜も上品でいいですね。最後は天茶か天丼を選びますが、夫婦 どっちだと思いますか?姫は普段はお茶漬けはめったに食べませんが天茶はおいしいです...

  • 0
  • 0

ホテルニューオオタニ

HOTEL NEW OTANI1964年(昭和39年)東京オリンピックの年に開業まさしく私達の結婚の年にオープンということは、今年で56年です55年はエメラルド婚というそうで、昨年のことでしたね。オオタニのOでしょうかお客様を迎えるにふさわしく、きれいで立派なお花ですねエントランスにぴったりです---庭に出ると日本式庭園は400年の歴史があるそうで手入れも素晴らしい、雨でなくて本当に良かった石庭や滝もある、鯉も沢山泳いでいて立...

  • 0
  • 0

父の誕生日(2)

昨日の続きです---バックの絵画は、小豆島の父の作品です父は甘いものが大好きでした駿河屋の羊羹が一番好き。東京ではさしずめ とらや の羊羹ですね。瓦せんべい、栗万も好き。シュークリームも好き、会社の若い人を招いてトンカツを出したりパンを焼いたりしていました。   人生は山あり谷あり母は終戦も間もなくの6月に風邪をこじらせ31歳の若さで死去。5歳と2歳の子を残し、「日本に帰りたい---」が私の記憶に残るか細い母...

  • 0
  • 0

父の誕生日(1)

父が 生きていたら! 今日がお誕生日110歳です。写真館で撮ったであろう3兄弟、お正月なのか?誰かのお祝いなのか わからない父と下の妹たちですね、残っている写真では一番古い。8人兄弟のうち、男性は4人、女性4人。昔は子だくさんでした。そんな中、男の子は二人も幼少で亡くなり末弟は戦死ですので父と4人の叔母たちが元気で長生きしたのですが、今はもう誰もいない---父は岡山で生まれ、その後京都へ転居、大学は京都大で...

  • 0
  • 0

    [Capricious1] Designed by Akira.

    Copyright © ジャカランダ姫紀行 All Rights Reserved.