~今日も素敵な一日でしたか~

ジャカランダ姫紀行

歌手 ペギー葉山さん 逝く




ついこの間、TV 「徹子の部屋」に出演されていて
とてもお元気でした
それから数日のこと、肺炎で急死されました

あまりにアッパレな生き方、亡くなり方に
多くの方が感心したのでした

現役でまだまだ声量も衰えず、華やかなドレス姿は
フアンでなくても 素晴らしいなと思えたでしょう

姫は エキゾチックな顔立ち、お洒落でカラフルなドレス姿が好きでした
歌はジャズ、シャンソンから 「ドレミの歌」の歌詞の訳詩
ドはドーナツのド、レはレモンのレ---
「南国土佐をあとにして」も大ヒット。
 「学生時代」 は耳に残る名曲でしょう
寂しいですね~
 

DSC_1957_3324.jpg

心からご冥福をお祈りします。
桜を手向けます!


テーマ : いつも音楽と一緒に。。。    ジャンル : 音楽
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

最後に~(ニューヨーク No.10)

DSC_0296_2363.jpg
ホテルからの うろこ雲

DSC_0334_2369.jpg
風車かな?

DSCN8575_2362.jpg

あちこちに 止まっている車
ドリンクやドーナツなど 気軽にランチも済ませられる


DSCN8600_2364.jpg

ハリー・ウインストン
高級 アクセサリー店

DSC_0318_2368.jpg
二階建て観光バス
残念ながら乗らなかった---


DSCN8606_2365.jpg
摩天楼 ビルに雲が映っている

DSC_0312_2367.jpg
見上げると つい撮りたくなる 白い白いでっかい雲

DSCN8537_2360.jpg
流石に ニューヨーク マンハッタン

DSCN8317_2359.jpg
風に揺れる レストランのカーテン
夏だったけれど、湿度が日本よりぐっと低いので
それと、思ったより 緑が多い

DSCN8589_2258.jpg
ホテルのエレベーターの乗降ボタン
夫は珍しいという
確かに 数字の横に押すボタンになっている
数字を押し続けると消える心配があるからでしょうか? うふふ(笑)

総じて
思い切って、念願のNYに行けて良かった
ナイアガラの滝 カナダに行き 見れて良かった。
凄い!に尽きる

世界のNYは好みがあるかもしれませんが
行かないとわからないでしょう~
この程度のスナップでは伝え切れてないでしょうし、
推し量れない奥の深い街、国民、料理。
パワースポットはセントラルパークであり、マンハッタンである!
兎に角 元気になることは間違い
まだ夢の中にいる旅

それは プランの段階からアドバイスしてくれた
NY駐在の娘婿がいることが大きかったし
案内してくれたり、こっこさんや夫が一緒だったことは
何より心強かった!

今頃は イーストリバーに 秋の風

茜色 マンハッタンの 空想う

End

 


テーマ : ニューヨーク    ジャンル : 海外情報
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

お別れ




DSCN5387_1508.jpg

阪神・淡路大震災の日 それは1月17日
この日に、叔母は逝きました~
長男が喪主の挨拶で
決して忘れない日に おふくろを思い出してくれるだろうと、
淡々とお礼かたがた話した
家族葬
最近は多いですが、それでもいとこ達が集まったので
18名、結構盛大に送ることが出来たと思っています。
98才の大往生、見事です。
美しく賢く 良妻賢母の見本でした
3人の息子たちは仲が良くて
兄貴、兄さん と長男を立てています。
叔母の中国での新婚時代、3人の息子たちは北京の同仁病院生まれ、
山口県仙崎港に終戦後 S21年5月の引き揚げ、
それからは、生活は大変だった時も有ったでしょうが
立派に教育をつけ自慢の息子達でしたね~
だからこそ親孝行をしたと思いますよ。

思い出の北京に連れて行ってあげた三男
最後まで世話をし、あちこちドライブして連れ出した次男
横浜在住の生活でしたが、無口な長男を何より頼りにしていた叔母。

そうはいってもお嫁さん達のことは、 姫にも名前で言いながら話をしてくれて
大事にしていることがわかりました~


DSCN5389_1509.jpg

新都ホテルに泊まりましたが、斎場はすぐ近くでした
20日 下見のつもりで夕方行きましたら
ナント お通夜をするというじゃないですか。
しないで、簡略にすると聞いていましたのに。


矢張り お通夜のお別れは有ったほうがいいでしょう。
身内だけの仲間に入れて頂き
和尚さんが来られて 厳粛な時間がながれました
しめやかなお別れタイム

昔話もたっぷりできたし、叔母に可愛がってもらった話は
お互いに北京育ちが共通しているからでしょう

京都市中央斎場 山科区
3時間待ちでした
告別式、斎場、精進落とし 終われば17時前

慌てて新幹線の人になりました

さようなら 


テーマ : 京都道案内    ジャンル : 地域情報
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

母の命日 (1)



北京の空に煙りとなって、早や70年の今日。
僅か32才の若さで
あと2か月で終戦を迎え
本土に帰れたのに~
母の無念さと父の悔しさ
姫が生きている限り、忘れることは無い。

img283_convert_20150606010332.jpg
母とのツーショットはたった2枚しかない

DSCN2898_convert_20150606001715.jpg



img284_convert_20150606010011.jpg

結婚前は女学校の先生

img285_convert_20150606010920.jpg
 
唯いつ 残っている母の自筆
洛陽女学校(現在 洛陽高校) 玄関 3月の或る木曜日

真面目な顔してるけど皆なかなかお茶目さん
まゆ毛が薄いからとペンシルで一はけする子
背を高く見せようと石の上に上がる子
さまざま 
でもまだ 大きな洋絣のにくらしき女に比べて
可愛らしき事 (揶揄ですね)

思い出は少ないけれど
数枚の写真を祖母からの そっとアルバムの後ろに止めてあったのを
見つけた時のドキドキ感は今も忘れないでいる。
継母に周りはみんな遠慮して
真実を封印していた、
知っていたのに---
生前父に北京のこと、母のことを聞いたこともあったが
辛さが消えてなくてか泣いてしまった父。
もう二度と聞くまいと思った。

おかあさん、それとも まま 京都出身だから 
お母ちゃん かな---
はあい って言ってほしい。
声は残らないそうですネ

母の分まで姫は元気で生かせてもらっているわ。
これがせめてもの親孝行かしら
いつの日か会えます。こっちは老いちゃってさ。



テーマ : 生きる    ジャンル : ライフ
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

世田谷線 


DSCN3521_449.jpg
世田谷線も今やすっかりお色直し
長年、緑色 一色でしたのに~
カラフルでブルーや赤や?ー


1925年(大正14年)1月18日に
三軒茶屋~世田谷駅間が玉川電気鉄道(玉電)として開業
同年5月1日 世田谷~下高井戸駅間が開業

1938年3月10日玉電は東京横浜電鉄(現 東京急行電鉄)に合併
玉川線となる。
1969年(S44)5月11日玉川線の渋谷駅~二子玉川園駅間が廃止され
残った支線部が 世田谷線と改称された


DSCN3516_447.jpg
小田急の豪徳寺駅で下車して
商店街など記憶を思い起こしながら歩く
シャッター通りほどではないけれど  
寂しい雰囲気を かもしだしている
ふと こんな優しい場面に出くわすと
ホッとする

DSCN3519_448.jpg
人通りが多い所もある
目を引く粋な店構え

DSCN3512_425.jpg
次々高架になった駅 豪徳寺もそう~
ここに10年住んでいたのだわ
世田谷区は 山の手! 
活動的な家族の思い出は詰まっている
今は昔

DSCN3513_440.jpg
あちこちにお花が植わっている
二駅歩いて 上町(かみまち)に来て
もう世田谷線に乗り三軒茶屋終点で~す
久々に乗ったわ ¥150
おままごと電車!!






テーマ : 東京23区    ジャンル : 地域情報
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

世田谷区立桜小学校



まだ蕾(つぼみ)は堅いですが
青空に何となくピンクがかって見えます

DSCN3258_274.jpg
それもそのはず~
ゆかたんの卒業した小学校
桜小学校の前を久々にドライブで通りました
もう何年前になるのかしら?
創立136年ですって、
随分大きくて、新しくなっていた


DSCN3259_275.jpg
この学校の校庭には
樹齢400年の オオアカガシ 樫の木 が有ります
東京都の天然記念物に指定されています
遊んだこと、友達のこと 思い出したかなあ~

ナイロビから帰国して、生徒の少なかった学校から
いきなり大勢の生徒の学校に入り
戸惑ったこと、多かったでしょう
なじめなかったでしょうね。
海外と日本との生活習慣は、まるで反対のことが多くて
靴を履いたままの生活が、日本では脱ぐでしょ
車の送迎で通学していたのが、歩いて通学、
電車だってラッシュアワーなんて未経験
英語がつい口から出たら、変だねえ~ってからかわれて。
あんなに英語の歌さえペラペラだったのに
堅く口を閉ざしてしまい、勿体ないことをしたネ
だからって、アメリカンスクールへ通わすのもネ

一日も早く日本に慣れることに必死だった
連れて帰ったジェーン(猫ちゃん)が居たから
きっと きっと 3人とも 姫も、慰められていたと思う
姫だって、日本のPTAにはなじめなかった。
大人でさえ、そうなのだから
幼い子供たちは、帰国子女の辛さを抱えていた
勿論 海外での貴重な体験は何にも代えられない。
人生の良き思い出の一コマとなってるはず。

ナイロビという都市は、気候も良く美しい街です
心底ジャカランダの咲く雨季に今一度訪れたい!
それが叶わないなら、みこたんの住むシドニーかメルボルンの
ジャカランダを見てみたいわね。

夢は念じれば叶う!
 


テーマ : 小学校    ジャンル : 学校・教育
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「アフリカの日々」



img170_convert_20141104191315.jpg

11月3日(月) 
銀座3丁目  十字屋ホール にて
佐藤芳之氏のトークショーがあったので
こっこさんと聞きに行った

私たちが家族でナイロビに駐在した時期 1974年に
佐藤氏は「ケニア・ナッツ・カンパニー」を起業し
会社をマカダミアナッツの世界5大カンパニーの一つに
育て上げた。

1939年、宮城県生まれ。
23才でアフリカに渡り30年後には従業員4千人を超え
それを今はアフリカ人の経営に委ねた痛快無比、破天荒な実業家!
(パンフより引用)
援助でなく、人を育てる! 
この信条こそが佐藤氏の生き方なのでしょう~
誰にでもは出来ません。

私たちはナイロビで旧知の中なので
このトークショーのご案内を奥様からの
メールで知った時、すぐ行けるかどうか決めることが出来ず
日が迫ってから、こっこさんと行こうと決めた。

何故ならそのメールを頂いた日は
モニカが急変して大変な時期と重なっていたから~

モニカは元気を取り戻したので、ホッとしている今日この頃---

佐藤氏のトークは
気さくで冗談を挟みながら
テンポよく約く1時間、
サロンでお茶タイムを設けてあった
カレンダ―をプレゼントし、
奥様とのスナップも撮れ、お話も出来たわ
懐かしいケニアに触れた思いがしたわ
姫にとっては「楽しかった記憶に残る国に間違いない」

その後、2005年ケニアで、バクテリアを利用した公衆衛生事業会社や
「オーガニック・ソリューションズ・ケニア」を設立。
2008年「オーガニック・ソル―ションズ・ルアンダ」など設立。

人生まだ折り返し地点、
まだまだやりたいことは一杯とか
知りたい、やってみたい、興味を持つことの大切さ
勇気を貰ったわ。

日本は全てに「縛りすぎ」
こうでなきゃとか あ~でなきゃとか。

確かに真面目すぎる日本人かも。


そして
旭日双光章 叙勲の報
おめでとうございます!!




テーマ : 起業    ジャンル : 就職・お仕事
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

“懐かしき芦屋の街”


DSCN6258_convert_20130525221805芦屋川 DSCN6268_convert_20130525221950芦屋川

芦屋川は天井川です 水の流れは少なくて   JR芦屋駅そばの 「ホテル竹園芦屋」

子供たちが遊んでいましたねえ~        初めての宿泊です



DSCN6271_convert_20130525222146芦屋川

ジャイアンツの常宿として有名


DSCN6270_convert_20130525222316芦屋

一旦荷物を預かってもらい
梅田(大阪)に出ました。
妹とランチをする
すっかり新しくなった梅田周辺
野菜中心のお店に入る

それから 姪の家に行くことにしてて
紀伊国屋でチビ5歳、2歳の男の子に本をお土産に買った
それからが大変!
ケーキのお土産をどこで買うか?

表参道のキルシェボンが進出していて
長蛇の列---

そこからケーキ屋さん探しでウロウロ---
いっそ三宮で買おうと。
又それが無い。
最後の頼みの綱はデパート、そごうに入った
やっとです
3時着の予定が40分も遅刻
姫一人では、遅刻などありえないです!

JR垂水(たるみ) そこからバス又は車での送迎。

新興住宅地、綺麗な家が立ち並び
少し行くと海が見えるし山は後ろに控える近さ

本は飛び出すひも付きで喜んでくれ ほっ!
幼子はレゴや怪獣ごっこでよく遊んで仲が良い



妹も普段は奈良の室生寺で住んでいる
元気そうで良かった。

さ~明日こそ 本当の目的の同窓会です。
夜は駅前の大丸でお弁当を買ってTV見ながら
一人さびしく?!のんびり! 食べる姫です--


テーマ : 兵庫県    ジャンル : 地域情報
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

“栄えある卒業式”



DSCN5617_convert_20130210143651聖

第50回 卒業証書授与式

S光学院高等学校
卒業生226名の門出を祝う

新しく完成した聖堂から
アンジェラスの鐘が鳴る

 

DSCN5628_convert_20130210144027聖

boyは6年間通ったのです


この写真は、丁度 1万人目に当った卒業生!
粋なはからいで 卒業証書と共に記念品を貰う幸運児!

DSCN5640_convert_20130210144423聖

この学校は
映画「コクリコ坂から」の舞台になった町にある。
「松任谷由美」の「海を見ていた午後」や、
「オフコース」の「秋の気配」で歌われた港町、横浜。
晴れた日には東京湾の向こうに房総半島、三浦半島を望める。
「オフコースの小田和正」が在校時代の思い出を歌った
「マイホームタウン」は学院のテーマソングになって
歌い続けられているそうです!
も「小田和正」の透き通る声が大好きです!

式は進み
「君が代」斉唱。
送辞、在校生として尊敬に値する上級生だと讃えた
答辞は6年間の思い出をユーモア交えて上手に語った。
会場が笑いに包まれた。

文武両道の学校の一端を垣間見た。

DSCN5635_convert_20130210144257聖
「仰げば尊とし」

ジーンとくる いい歌です
久しぶりに聴いて歌った。

DSCN5641_convert_20130210150129聖
「校歌」
高らかに歌い切った!

DSCN5643_convert_20130210144520聖
「蛍の光」
生徒は歌に送られて巣立っていった

DSCN5632_convert_20130210144125聖

ラ・ムネ・ホール
講堂が新しくなって初めての卒業式
50年前の第1回卒業生も(いくつかなあ~?)参加して
より一層、厳粛ながらも華やかな式になった

生徒一人一人と院長は固い握手をし
激励して証書を手渡しした
皆勤賞の生徒も多かったのには驚いた

坂道できっと鍛えられたのかしら~?ネ

生徒は当然ですが親も頑張りました
今からまた次のステップを上がらないといけません

きっと笑顔が待ってるでしょ
朗報を待っていますよ
 

式に招待されて参加出来ましたのは嬉しかったし
感動したわ
6年間 運動会や文化祭にも
毎年出かけていました
有難う
そして R君 卒業おめでとう!! 
(生徒たちの写真はぼかしています)
テーマ : 聖書・キリスト教    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

“加山雄三さん”に出逢った!



moblog_761237e2.jpg

天高い秋の空と流れる雲 14日金曜日の午後1時半ごろ 



とDSC_1061_convert_20120914215640

世田谷区等々力渓谷

東急セミナーBE の撮影会でした

 “三輪 薫の素敵な写真の撮り方” 教室  

メンバーは9名ですが、この日は7名参加 そのうちを入れて女性は4名

渓谷と思いきや
涼を求めてはいけません!

ハプニングが訪れるのです! 


とimg567_convert_20120914220719

なんだか急に賑やか

ロケでもしてるのなら、邪魔にならないように
端によけたら
「あ~そのまま撮っててください」
少しして
 「綺麗な渓谷だな」  えッ? 聞き覚えのある元気ないい声!

「加山雄三さんですか?」 ってが大声で云ったら

  「そうだよ」 戻ってきて

 「良いカメラ持ってるのだねえ~  すごいねえ~」  

「ずっと昔から フアンです   CDも持っています。握手してください!」

 「はいはい、いいですよ!」 
夢心地 あったかい手



DSC_1058_convert_20120914214133と

その後、三輪先生は
プロカメラマン ですか? って
インタビューされ
メンバーの女性も「ここはよく来るのですか?」

「初めてです---」

加山さんが一人離れた瞬間に
スナップを撮ってらしたので頂いた
ありがと。いい思い出になるわ

この日のは
“ゆうゆう散歩”10月半ば テレビ朝日 (5チャンネル)
9時55~10時半 毎週月曜日~金曜日

放送予定だそうです

楽しみ 


http://www.tv-asahi.co.jp/yuyu-sanpo/

明日はいよいよ
二科展に行こうかな~

友人が100号ぐらいの大きい絵画を出展しています。



テーマ : 好きな芸能人。    ジャンル : アイドル・芸能
  1. 思い出
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »

プロフィール

シフォンけんけん

Author:シフォンけんけん
「ジャカランダ姫紀行」へようこそ!
日々の出来事や想いを綴っています。

CalendArchive

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
733位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
259位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

月別アーカイブ

    MONTHLY

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



.